ビザ無しスリランカ渡航には電子渡航許可申請
スリランカ渡航には事前にETA認証を申請をしてください


ETAの申請をはじめる



必ずETA制度概要・サービス内容、価格、リファンドポリシーをご確認の上ETA申請を行って下さい。※Srilanka ETA Application Service JAPANでは日本語での申請ファームにて税込み9,800円にて代行申請を受け付けております。入国の最終判断は現地の入国審査官に最終的決定権が御座います。 ETAが認証された場合でも入国を保証するものでは御座いません。

スリランカETAとは

スリランカ政府(Government of Sli Lanka)は、スリランカ入国ビザが免除されている国籍の渡航者に対し、電子渡航認証(Electronic Travel Authorization:Sri Lanka ETA)の取得を2012年1月1日に新たに義務付けました。スリランカETAに短期滞在を希望する旅行者に対し、電子的に発行される旅行認可です。スリランカETAを保有している申請者は、スリランカ国内の空港または港に入国する場合において、30日間の短期滞在ビザが発給されます。ETAの申請は渡航直前の申請も可能ですが、旅行計画が決まった段階での取得を勧めています。12歳未満の子供に関しては、スリランカETAが免除されています。

スリランカETA必要な人は?

・スリランカに観光、休暇目的で訪問する
・スリランカの友人、親戚を訪問する
・ヨガを含む医療目的のために訪問する
・スポーツやスリランカの文化的なイベントに参加する
・ビジネス商談や会議出席をする
・現地のセミナーに参加をする
・現地の短期研修コースを受ける方
・スリランカの文化、芸術、音楽、ダンスなどに参加をする
・宗教的なイベントに参加をする
・現地での討論会に参加をする
スリランカETAタイプは、観光目的、短期商用目的、トランジット(空港通過)の3種類です。 渡航目的に合わせたETAの種類を選択が可能です。

ETA申請に必要なもの

ETAの申請は、オンライン申請となります。申請は、すべてインターネット上で完了するため簡単なフォームを順番に入力するだけで申請を終えることができます(情報を偽ったり、虚偽申請にあたる行為はお止め下さい)。スリランカETAに必要なものは、6カ月以上有効期限のあるパスポート、Eメールアドレス、クレジットカード、渡航者本人の顔写真の4点です。当サイトにてお申込みの場合は、各種条件への同意とサイト利用規約へ同意された場合のみ申請が可能です。当サイト各種利用規約へ同意された方のみ申請画面へお進みください。

ETA電子渡航認証日本語代行システム 渡航する旅行客のための電子渡航許可システム

ETAを申請する

ETA電子渡航許可システムのよくある質問

何日前から申請できますか?

ETA はスリランカのご旅行が決定され次第、早めに申請・取得されることをお勧めします。 申請にあたりご旅行の出発日や帰国日が決まっている必要はありません。

詳細を見る
申請情報を間違えた場合

申請内容を間違えた場合、入国を拒否される可能性が御座います。 正しい情報にて再度申請をし、再度審査を受けて頂く必要がございますので申請時には確認を行いつつ慎重に申請を行って下さい

詳細を見る
渡航認証の許可が降りた後

申請時に登録されたメールにてETA ナンバーの記載が御座います。 この番号をメモなどお控えになることをお勧めします。このメールは入国審査の際に提示することは求められておりませんが、 念のため内容のメモ・印刷等をおこない携行されることをお勧めします。 認証されなかった場合、査証(ビザ)の取得が必要です。

詳細を見る

利用規約全体・概要・情報保護・注意事項

Srlilanka ETAサービスでは電子渡航認証システムの申請処理をサポート致します。 受付時間は365日間24時間年中無休です。初めて渡航される方など、ご不安なことなどございましたら申請後メールにて無料でご質問にお答えいたします。 ETA電子渡航認証システム申請を申請者に代わり代行手数料9,800円にて行います。
スリランカ査証免除適用条件を満たし、無査証で航空機により入国 するお客様については、取得していない場合は入国が認められません。出発便ご搭乗の 72 時間前までに申請・取得いただくことをおすすめいたします。
サポートメール、申し込み控え、申請結果(申込み控え)メールをお送りします。メールが不着の場合はパスポート情報を明記しお問合せ下さいませ。パスポート情報の記載がない場合は本人確認が取れないため回答できない場合も御座いますので予めご了承ください。 当サイトではSrilankaETAの申請処理の代行処理を行っております。
申請申し込みされる場合は必ずサイトのサービス概要と価格、利用規約に同意の上お申し込みください。申請前にお客様の渡航がスリランカ査証免除の適用条件を満たしているかご自身でご確認 いただきますようにお願い致します。日本国籍の場合、最大6 ヵ月までの観光目的の渡航は査証が免除されETAでの渡航となります。
申請された情報は適切に暗号化処理され保管されます。またクレジットカードデータについてはサイト上に保管されず、クレジットカード決済処理会社へ直接送信される安全な仕組みが導入されております。審査時間は一般的に72時間以内となりますが審査時間には個人差があり、スリランカ政府での審査が72時間以上の時間がかかる場合もございます。結果を確認できない場合は、お申し込み時に記載された方法にてお問合せ下さい。
申請内容を誤って入力し申請された場合、再度正しい情報にて申請する必要がございます。また、新たに申請審査費用は必要となります。 審査提出時点でスリランカ政府により審査取り消し処理が行えない状態となります。また当サイトにおいても代行申請提出後払い戻し処理は行えなくなります。代行申請提出後のキャンセル返金はサービスの性質上一切お受けできません。 自身の申請をした場合でも事前連絡がない場合・ストップが間に合わない場合は申請作業が進められている為、当サイト側が申請を提出した段階で如何なるキャンセルならびに返金は不可能となります。 上記事前連絡にて当サイト側の申請処理前の確認が取れキャンセル可能な場合50%の金額が、キャンセル料発生にてキャンセル成立となります。
申請は、インターネットでの申請に限られます。渡航認証承認が出た場合申請時と同一パスポート情報にて渡航する必要がございます。ETAは何度でも申請を行うことができ、申請のたびに申請審査費用が発生します。また審査を何度出した場合でもあとから払い戻し申請をすることができませんので予めご了承ください。ETA の「承認済み」はスリランカ入国を保証するものではありません。現地の入国審査官が入国可否の最終判断権を保有しております。ETA はパスポート番号とリンクして管理されるため印刷の必要はありませんが、パスポート番号自体を間違えて申請した場合確認が取れませんので申請番号のメモを保存することをおすすめ致します。 審査結果が確定しなく不明な場合の調査には当サイトからスリランカ政府へ連絡しますが、スリランカ政府からの回答は12営業日ほどかかる場合が御座います。