ETA電子渡航認証システム申請画面

現在新型コロナウイルスの影響によりスリランカ入国条件が通常と異なっております。
11/28現在の情報は以下の通りです。情報は随時更新されますのでご了承ください。
また、日本への帰国にも制限・規制がございますので詳細は外務省HPなどでご確認のうえ渡航してください。

【入国対象者】
新型コロナウイルスワクチンの接種が完了した(渡航時接種後14日以上経過)観光目的の外国人渡航者
また、渡航に際しETAの取得以外にいくつかの条件があります。
①新型コロナウイルスワクチンの接種証明書の提示(2歳未満除く、ワクチンの種類は居住国で認可されているもの全て対象)
 英文または英語以外はオリジナルの証明書と主に英語翻訳を提示すること。
 12~18歳の子供は渡航時ファイザーワクチンを1回接種し2週間以上経過している場合ワクチン接種済みとみなす。
②搭乗72時間以内に受けたPCR検査にて発行された英文の陰性証明書の提示。
③ワクチン未接種の子供が同伴する場合は子供の人数分の健康申告書の提出。
④ワクチン未接種の12~18歳までの子供は到着時のPCR検査必須かつ1回目のPCR検査で陰性の場合両親と同行することが可能。
 到着時に行うPCR検査費用を事前にオンラインにて支払うことが可能*1。
 ワクチン未接種の11~0歳の子供には到着時のPCR検査不要かつ両親と同行能。
⑤宿泊施設や交通機関など自身で手配が可能。政府に認定されたサイト*1からの手配推奨。
⑥各自新型コロナウイルスに感染した場合にカバーできる任意保険への加入推奨。
*1 https://www.srilanka.travel/helloagain/
 詳細はこちらからご確認ください。
※カメルーン、ナイジェリア、コートジボワール、ガーナ、南アフリカ、ナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト、エスワティニ(スワジランド)からの訪問者は追って通知があるまで入国不可
 ビザの種類は観光、有効期限は30日のみ。

ETA申請フォーム

渡航者全員がETAを取得する必要がございます。ETAは内容修正が行えない内容を間違えた場合は再度申請し再審査を受ける必要がございます。
パスポート情報など間違えた場合、渡航できませんので必ず確認の上申請を行ってください。また渡航に関する規約当サイト規約に同意の上お申し込みくださいませ。
ETAはお支払いと申請のたびに何度でも審査を受けることが可能です。既に渡航許可の申請がある場合、今回申請した内容で再審査され次回渡航では今回取得の申請分での渡航となります。

ETAの種類を選択 *
渡航目的 *
姓 (英文) *
名 (英文) *
敬称 *
生年月日 *
性別 *
国籍 *
出生国 *
パスポート番号 *
パスポート発行日 *
パスポート有効期限 *
Eメールアドレス *
予備のメールアドレス(任意記入)
電話番号 *
住所(英字記載) *
   
   
   
   
クレジットカード名義人名 *
渡航予定日 *
スリランカでの滞在先 *
パスポート上に16歳未満の子供の名前は記載されていますか? *
訪問先会社名(英字) *
訪問会社住所(英字) *
訪問会社の都市(英字) *
訪問先会社電話番号 *
最終目的地 *
スリランカ滞在日数 *
1) スリランカでの居住を許可するビザをお持ちですか? *
2) 現在有効なETAまたはビザを持ち、且つスリランカに入国していますか? *
3) スリランカへの数次入国を許可するビザをお持ちですか? *

申請者の宣誓 - Consent and declaration


私はすべての内容を読みすべての質問に対し私の知る限り真実の情報を入力したことを誓います。
私は移民法の下で虚偽の陳述は犯罪行為であり、スリランカ入国が許容されず国外退去になることを理解しています。
自分の申請に電子署名することに同意します。また申請に関する当サイト 利用規約 や申請費用、申請の結果に対し、如何なる異議申し立てをしないこと宣言します。

申請同意電子署名


電子署名し申請を続ける場合、フォーム上に入力された同じ姓を半角英字で入力してください。
エラーが出る場合は最初の姓(英字)の入力と一致しているかを確認してください。この電子署名にて送信ボタンをクリックされた場合、上記のスリランカ政府ETA申請に関する規約ならびに当サイト利用規約に全て同意され如何なる異議申し立てを行わない事を誓います。
申請署名日付: 2022年08月10日
申請者IPアドレス: 18.204.56.185
申請者ホスト情報: ec2-18-204-56-185.compute-1.amazonaws.com
使用ブラウザ: Unknown